【金融用語を簡単にわかりやすく】イールドカーブのフラット化、フラットニングとは?ベアフラット、ブルフラット、ツイストフラットの違い

こちらもおすすめ

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

【随時更新】金利の期間構造モデルを勉強するのにおすすめの本:7冊 | Quant College

金融工学・デリバティブの独学におすすめのわかりやすい本・教科書:初心者向けの16冊 | Quant College

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

マーケットコンベンションのまとめ(メジャー通貨のスワップ編)をリリースしました。 | Quant College

イールドカーブのフラットニングとは

イールドカーブがフラットニング(フラット化)した、とはイールドカーブの傾きが緩やかになる(傾きが平坦になる)ことを言う。すなわち長短金利差が縮小することである。イールドカーブとは、横軸に満期、縦軸に金利をとったグラフである。

フラットニングとは反対に、イールドカーブの傾きが急になることをスティープニング(スティープ化)という。
【簡単にわかりやすく】イールドカーブのスティープ化、スティープニングとは?ベアスティープ、ブルスティープ、ツイストスティープの違い | Quant College

イールドカーブの傾きが緩やかになるケースはざっくり以下の3種類に分かれる。

  1. 短期金利が上がり、長期金利も上がったが、短期金利が長期金利よりも大きく上昇した場合:ベアフラットニング
  2. 短期金利が下がり、長期金利も下がったが、長期金利が短期金利よりも大きく下落した場合:ブルフラットニング
  3. 短期金利は上がり、長期金利は下がった場合:ツイストフラットニング

ベアフラットニングとは

ベアフラット(ベアフラット化、ベアフラットニング)とは、イールドカーブ全体が上昇するなかでフラット化することを言う。カーブ全体が上昇しつつ傾きが緩やかになるということはつまり、短期金利が長期金利よりも大きく上昇した、ということである。カーブの左のほうが右よりも大きく上がると、カーブの傾きは平坦になる。

ベアとは弱気相場・下落相場のことを言う。名前の由来は熊が手を振り下ろすところから下落がイメージされた、ということのようだ。

ベアは下落の象徴なのになぜイールドカーブ全体が上昇する中でのフラット化をベアフラット化と呼ぶかというと、債券は金利と逆の動きをするからである。ベア(下落)は金利ではなく債券価格の下落を指している。債券価格が下落する際、反対に金利は上昇するから、イールドカーブの水準は上昇する。全体的に債券価格が下落する中で、短期債のほうが長期債よりも下落が大きいとベアフラットニングとなる。「ベア」と言われたら「債券価格が下落、ということは金利は上昇」という状況をイメージする。

ブルフラットニングとは

ブルフラット(ブルフラット化、ブルフラットニング)とは、イールドカーブ全体が下落するなかでフラット化することを言う。カーブ全体が下落しつつ傾きがゆるやかになるということはつまり、長期金利が短期金利よりも大きく下落した、ということである。カーブの左よりも右のほうが大きく下がると、カーブの傾きは平坦になる。

ブルとは強気相場・上昇相場のことを言う。名前の由来は牛がツノを振り上げるところから上昇がイメージされた、ということのようだ。

ブルは上昇の象徴なのになぜイールドカーブ全体が下落する中でのフラット化をブルフラット化と呼ぶかというと、ベアの場合と同様、債券は金利と逆の動きをするからである。ブル(上昇)は金利ではなく債券価格の上昇を指している。債券価格が上昇する際、反対に金利は下落するから、イールドカーブの水準は下落する。全体的に債券価格が上昇する中で、長期債のほうが短期債よりも上昇が大きいとブルフラットニングとなる。「ブル」と言われたら「債券価格が上昇、ということは金利は下落」という状況をイメージする。

ツイストフラットニングとは

ツイストフラット(ツイストフラット化、ツイストフラットニング)とは、短期金利は上昇する一方で、長期金利は下落することでフラット化することをいう。カーブの左は上がり、右が下がると、カーブの傾きは平坦になる。文字通り、長短金利差が縮小した状況である。

イメージとしてはイールドカーブ全体が時計回りに回転した状況である。

ツイストとはねじれるという意味だが、イメージとしては回転してカーブの傾きが緩やかになる状況、と覚えておけばいいだろう。

フラットナーとは

イールドカーブがフラット化することで利益が得られる商品やポジションのことをフラットナーという。長短金利差の縮小で利益が得られるということなので、長期金利と短期金利の差分で支払いが決まるような商品、あるいはポジションのことである。CMSスプレッドの払い・LIBORの受けなどはその典型例である。フラット化するとCMSスプレッドの払いが減るので利益になる。

参考文献

Interest Rate Swaps and Their Derivatives: A Practitioner’s Guide (Wiley Finance Book 510) (English Edition)

Interest Rate Derivatives Explained: Volume 1: Products and Markets (Financial Engineering Explained) (English Edition)

あわせて読みたい

LIBOR廃止に向けたイールドカーブの移行対応が本格化 | Quant College

LIBOR廃止後のイールドカーブについて: 全体感 | Quant College

【金利の期間構造の推定】ネルソンシーゲルモデル(Nelson-Siegelモデル)とは【イールドカーブ/利回り曲線の補間・補外】 | Quant College

イールドカーブを補間するときに気をつける点は? | Quant College

【マルチイールドカーブ】プロジェクションカーブとは | Quant College

マルチイールドカーブの論点の復習 | Quant College

通貨ベーシスを用いたイールドカーブ生成 | Quant College

無担保取引用イールドカーブ生成 | Quant College

【簡単にわかりやすく】金利の期間構造モデル(タームストラクチャーモデル)とは:勉強でつまづきやすいポイント7選 | Quant College

ショートレートモデルとフォワードレートモデルの考え方の違い | Quant College

教科書によく出てくるが実務でほぼ使わない金利の期間構造モデルの一覧 | Quant College

実務で使われている金利の期間構造モデルは? | Quant College

伝統的なHull-Whiteモデルとは | Quant College

【金利の期間構造モデル】モダンなハルホワイトモデル (Hull-Whiteモデル) とは【キャリブレーション】 | Quant College

【金利の期間構造モデル】マイナス金利とハルホワイトモデル (Hull-Whiteモデル) | Quant College

【金利モデルをわかりやすく】HJMモデルとは | Quant College

こちらもおすすめ

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

【随時更新】金利の期間構造モデルを勉強するのにおすすめの本:7冊 | Quant College

金融工学・デリバティブの独学におすすめのわかりやすい本・教科書:初心者向けの16冊 | Quant College

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

マーケットコンベンションのまとめ(メジャー通貨のスワップ編)をリリースしました。 | Quant College