【初心者向けにわかりやすく解説】CVA入門の体系的まとめ

CVAの入門的内容について、初心者向けに体系的にまとめました。
こちらからnoteに飛んでください。
値段は格安ですが、字数は3万字近い長編になっています。

当noteの特徴は以下の通り。

  • 実務で必ず問題になる論点にしぼりコンパクトに解説
  • 専門用語を平易な日本語で説明
  • 数式の使用は最小限にして、可能な限り直感的に解説
  • 初心者が理解しやすい順番で(全体像から詳細へ)説明

当noteは以下のような方におすすめです。

  • CVA導入対応に追われている金融機関の方
  • 業務でCVAという単語に出くわすので、何のことか概要を知りたい方
  • 分厚い専門書を読んでみたが、途中で挫折してしまった方
  • CVA導入に関して、実務で対応する際の指針を見出したい方
  • 必要な資料を集めて読んでまとめる時間を節約したい方
  • ネットでは英語の資料も多いので、日本語で効率的に読みたい方

当noteを読むと次のようなメリットが得られます。

  • CVAの入門的内容について、全体像を把握できる
  • 実務で重要な論点を短時間で学習でき、時間の節約になる
  • ネット上の英語資料を調べ回る必要がなく、本業に専念できる
  • 頭の中に「地図」ができて専門書が読みやすくなり、効率的に学べる
  • カウンターパーティリスク、エクスポージャー、EPE、ENE、PD、LGD、プロキシースプレッド、といった専門用語の意味がわかる

目次は以下の通りです。

1.はじめに
1.1 当noteの構成
2.カウンターパーティリスクとは
2.1 ローン(貸出金)の場合
2.2 デリバティブの場合
2.3 なぜ勝ちポジションが貸出(与信)に対応するのか
3.CVAとは
3.1 CVAの2通りの定義
3.2 CVAと期待損失に含まれる3つの要素
3.3 エクスポージャー
3.3.1 EPEとは
3.3.2 ENEとは
3.3.3 DVAとは
3.3.4 EPEとENE
3.3.5 エクスポージャーと確率分布
3.4 PDについて補足
3.5 LGDについて補足
3.6 エクスポージャーとデフォルト確率の期間構造を考慮する
4.CVAと貸倒引当金の比較
4.1 エクスポージャーの比較
4.2 デフォルト確率の比較
4.2.1 ヒストリカルPDとは
4.2.2 インプライドPDとは
4.2.3 インプライドPDの選択肢
5.商品ごとのエクスポージャーの特徴
5.1 為替予約(為替フォワード)のエクスポージャー
5.2 金利スワップのエクスポージャー
5.3 通貨スワップのエクスポージャー
5.4 MtM条項付き通貨スワップのエクスポージャー
6.デフォルト確率に関する論点
6.1 デフォルト確率はインプライドかヒストリカルか
6.2.プロキシースプレッドと推定方法
6.2.1 プロキシースプレッドとは
6.2.2 プロキシースプレッドの選択肢
6.2.3 インターセクション法
6.2.4 クロスセクション法
6.2.5 データベンダーから買う
7.回収率に関する論点
7.1 準備
7.1.1 クレジットトライアングル
7.1.2 CDS市場における価格の提示方法
7.2 回収率をどう設定するか
7.2.1 2種類の回収率 
7.2.2 2つの回収率に同じ値を使う場合
7.2.3 2つの回収率に異なる値を使う場合
7.2.4 イレギュラーな方法で回収率を設定するケース
7.2.5 プロキシースプレッドの回収率をどう設定するか
7.2.6 特殊なカウンターパーティに対する回収率の例外対応
7.2.7 デフォルト時の返済の優先順位
8.ネッティングについて
9.有担保のCVAについて
9.1 CSA条件
9.1.1 担保受け払い頻度
9.1.2 信用極度額
9.1.3 最低引渡額
9.2 MPoRとは
9.3 有担保取引でもCVAが発生するのはなぜか
10.おわりに
参考文献:より深く学びたい方は