バミューダンスワップション(バミューダンオプション)とは

簡単に解説

バミューダンオプションとは、権利行使のチャンスが複数回あるオプションである。

権利行使のチャンスが1回しかないものをヨーロピアンオプションという。
権利行使の開始日と終了日だけが決まっており、その期間の営業日ならいつでも権利行使できるものをアメリカンオプションという。

これに対してバミューダンオプションは、権利行使のチャンスが例えば半年ごとなど、定期的に訪れるものが多い。いわばヨーロピアンとアメリカンの中間なのでバミューダンと名付けられている(ヨーロッパとアメリカの間にあるバミューダ諸島になぞらえて)。

注意としては、どこかの権利行使日で1回でも権利行使すれば、それ以降の権利行使はできない。「権利行使のチャンスが複数回ある」というだけであり、「権利行使を複数回できる」わけではない。

バミューダンオプションはスワップションの形になっていることが多い。スワップションはスワップのオプションであり、スワップは定期的にキャッシュフローが発生するので、定期的に権利行使するバミューダンと親和性が高い。よくあるのは、スワップの利払日の例えば20営業日前に権利行使できるものである。

バミューダンは金利系商品でよく出てくるほか、仕組債にも部品としてよく組み込まれている。マルチコーラブル債などである。マルチコーラブルとは、権利行使のチャンスが複数回あることを意味するので、バミューダンと同じことを指している類義語である。

バミューダンは権利行使のタイミングが複数あるが、権利行使は1回しかできないので、どこで権利行使するのが最適か判断しないといけない(最適停止問題)が、これは容易ではない。したがってバミューダンのプライシング(時価評価)はPDEやツリーなどを用いた数値解法に頼る必要がある。

あわせて読みたい

【感想あり】金利デリバティブを学ぶのにおすすめの本:9冊を難易度順に紹介【マルチカーブ/マイナス金利】 | Quant College

【随時更新】金利の期間構造モデルを勉強するのにおすすめの本:7冊 | Quant College

スワップションとは:ストライクとボラティリティ | Quant College

スワップションとは:ぺイヤーズ/レシーバーズの買い手/売り手 | Quant College

スワップションをプライシング(時価評価)する方法は? | Quant College

バミューダンスワップションのキャリブレーション対象 | Quant College

コーラブルPRDCが持つ2つのオプション性 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】コーラブル債とは | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】コーラブル債の時価評価(プライシング)方法 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】リバースフローター債の時価評価(プライシング)方法 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】キャップ付フローター債の時価評価(プライシング)方法 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】CMSリンク債の時価評価(プライシング)方法 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】CMSスプレッド債の時価評価(プライシング)方法 | Quant College