【感想あり】エクイティ(株式)デリバティブを独学するのにおすすめの本:7冊を難易度順に紹介【書籍レビュー】

こちらもおすすめ

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【初心者向け】CVAの体系的まとめnote | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College

はじめに

今回はエクイティ(株式)デリバティブについて学ぶのにおすすめの本を紹介する。

関連記事はこちら。
【随時更新】金利の期間構造モデルを勉強するのにおすすめの本:7冊 | Quant College
【為替デリバティブ】通貨オプションのプライシング(時価評価、価格計算)を勉強するのにおすすめの本:4冊 | Quant College
CDSなどクレジット商品・クレジットリスクを勉強するのにおすすめの本:7冊を難易度順に紹介 | Quant College
【金融工学に必要な数学でおすすめの本】大学レベルの測度論的確率論入門を学ぶのにわかりやすい教科書 | Quant College
【随時更新】CVAなどのXVAを勉強するのにおすすめの本:5冊 | Quant College
C++を学ぶのにおすすめの本【随時更新】 | Quant College

以下、だいたいの難易度が易しいものから難しいものの順に説明する。

[1]

デリバティブズ・ビジネスI

  • 日本語でエクイティデリバティブの実務を解説した貴重な本
  • 数式は最小限で前提知識は不要
  • 内容が少し古いが、ヘッジトレードなど実務的な話題が多い
  • 先物やオプションの基本から始まり、優先株、EB、CB、MSCBなどエクイティデリバティブを組み込んだ仕組商品も平易に解説
  • 日本語でエクイティ商品の実務的な話を知りたい人におすすめ

[2]

Equity Derivatives Explained (Financial Engineering Explained) (English Edition)

  • エクイティの観点でデリバティブの基本を解説した入門書
  • デリバティブや金融工学の知識なしで読める
  • モデルはBlack-Scholesのみで、数式は少なめ
  • 内容は、マーケットと市場参加者の特徴、エクイティスワップや配当スワップ、バニラオプションやアメリカンオプション、Greeksとオプション取引戦略など
  • エキゾチック商品やその評価に必要なモデルなど発展的な内容は載っていない
  • 100ページほどでコンパクト。概要を手短につかむのによい。
  • エクイティのバニラデリバティブに入門したい人におすすめ

[3]

The Handbook of Convertible Bonds: Pricing, Strategies and Risk Management (The Wiley Finance Series 583) (English Edition)

  • 転換社債に特化して解説している貴重な本
  • マーケット、商品性、モデル、数値計算、リスク管理・ヘッジについてひと通り何でも書いてある
  • 数値計算についてはツリーを特に詳しく解説しているほか、最終章ではモンテカルロとLSMについて説明
  • 数式はそこまで多くない。数値例やグラフが豊富
  • 転換社債について詳しく学びたいトレーダーやクオンツにおすすめ

[4]

The Handbook of Hybrid Securities: Convertible Bonds, CoCo Bonds, and Bail-In (The Wiley Finance Series) by Jan De Spiegeleer Wim Schoutens Cynthia Van Hulle(2014-05-19)

  • 転換社債のほか、CoCo債などハイブリッド証券について、評価方法とともに詳しく解説した本
  • 内容は、前半がマーケットと商品性、後半がモデルと数値計算
  • 実際の銘柄を取り上げて数値例やグラフを使って説明
  • 実装上のヒントなど細かいところまで体系的に書かれている
  • 必要な確率解析など数学もその都度説明があり親切な設計
  • 上記[3]の転換社債の本よりもモデルや数値計算について詳しい
  • ハイブリッド、エクイティ、クレジットの商品についてモデルとともに詳しく学びたいクオンツやトレーダー向け

[5]

Advanced Equity Derivatives: Volatility and Correlation (Wiley Finance)

  • エクイティモデルについて包括的に解説した本
  • ボラティリティデリバティブ(バリアンススワップなど)やコリレーションデリバティブ(コリレーションスワップなど)も説明
  • コリレーションの取り扱いにページを割いており、ローカルコリレーションや確率コリレーションについて独立した章を設けて解説している
  • 特徴は、要所要所で数式の意味を直感的に説明してくれるところ
  • 170ページほどで洋書にしてはそれほど分厚くなくコンパクト
  • 巻末の20ページを使って、章末問題の全てに解答を付けており親切
  • 様々なエクイティ商品のプライシングを学びたいクオンツやトレーダーにおすすめ

[6]

Equity Derivatives and Hybrids: Markets, Models and Methods (Applied Quantitative Finance) (English Edition)

  • ハイブリッドモデルも含め、エクイティ関連のモデルを辞書的に整理した本
  • かなり多くのモデルについて要約しているので、エクイティモデルの数式を幅広く概観するのによい
  • 数式がメインだが、式展開というよりは結果の数式を紹介していくスタンス
  • コリレーションの発展的なモデルやコピュラについても解説
  • エクイティ以外にも金利、クレジット、為替のモデル、およびそれらとエクイティのハイブリッドモデルもそれぞれ簡潔に説明
  • エクイティモデルに加えて、エクイティとその他アセットクラスのハイブリッドモデルも学びたいクオンツにおすすめ

[7]

Equity Hybrid Derivatives (Wiley Finance)

  • エクイティとその他アセットクラスとのハイブリッドモデルを解説した本
  • 序盤でエクイティモデルについて説明した後、金利・エクイティのハイブリッドモデル、クレジット・エクイティのハイブリッドモデルを説明
  • 金利モデル、クレジットモデル、コピュラについてもかなりページ数を割いて別途解説している
  • モデルに加えて、マルチファクターのPDEやアメリカンモンテカルロなど数値計算の技術的な話も載っている
  • 数式の難易度は高め
  • エクイティのエキゾチック商品に使うハイブリッドモデルに詳しくなりたいクオンツ向け

まとめ

エクイティデリバティブとそのプライシングモデルについて学べる本を紹介した。

  • 入門的な本なら[1]か[2]
  • 転換社債について詳しく学ぶなら[3]
  • 転換社債に加えて、CoCo債などハイブリッド証券のプライシングを詳しく学びたいなら[4]
  • クオンツがエクイティモデルについて学びたいなら[5]
  • クオンツがエクイティとその他アセットクラスとのハイブリッドモデルもがっつり学びたいなら[6]か[7]
[1]

[2]

[3]

[4]

[5]

[6]

[7]

あわせて読みたい

金融におけるトータルリターンスワップ (Total Return Swap; TRS) とは(株式の場合):仕組み、配当、エクイティスワップ | Quant College

転換社債(CB)と他社株転換社債(EB債)の違い | Quant College

CBアセットスワップ(転換社債アセットスワップ)とは | Quant College

配当カーブ構築とフォワードカーブの活用 | Quant College

バリアンススワップとは | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】EB債(他社株転換社債)とは | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】日経平均リンク債とは | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】日経平均リンク債の時価評価方法 | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】バスケットEB債(複数銘柄参照型他社株転換社債)とは | Quant College

【仕組債の仕組みとカラクリ】バスケットEB債(複数銘柄参照型他社株転換社債)の時価評価(プライシング)方法 | Quant College

こちらもおすすめ

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【初心者向け】CVAの体系的まとめnote | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College