トータルリターンスワップの仕組み:株の場合

はじめに

トータルリターンスワップ(Total Return Swap; TRS)には大きく分けて2種類ある。

  1. 原資産が株式の場合:エクイティデリバティブの一種
  2. 原資産が債券の場合:クレジットデリバティブの一種

今回は1.の株式の場合を見ていく。株式の場合は、トータルリターンスワップはエクイティスワップと呼ばれる商品の一種である。

トータルリターンスワップの仕組み:債券の場合 | Quant College
エクイティスワップとは | Quant College

株式トータルリターンスワップの例

  • 想定元本:100万ドル
  • 以下の株式リターンを四半期ごとに受け取る:
    S&P500株価指数の四半期ごとの変化率×想定元本×90/360
  • 以下の変動金利を四半期ごとに支払う:
    USD Libor3M + 0.20%

トータルリターンスワップでは、株式のリターン全てを受け払いする。つまり、株価の変化率に加えて、配当の受け取りがあれば、それに応じて追加で現金を受け払いする。配当に関する受け払いを行わず、株価リターンのみを受け払いするエクイティスワップの場合は、プライスリターンスワップという。

配当なしの場合、直近の四半期で株価の変化率がマイナスであれば(株価が下がっていれば)リターンはマイナスなので、株式リターンの受け取りの契約であっても、逆に支払うことになる。

株式リターンと交換する相手のクーポンは、

  • 上の例のような変動金利のケース
  • 固定金利のケース

の両方があり得る。

重要なこととして、株式リターンの受け手は、実際にその株式を保有する必要がない。

外国からの投資が規制されている国の株式について、その現物株を保有できなくても、株式リターンを受け取るトータルリターンスワップに入ることで、株式を保有しているのと同じリターンが得られる。また、株を売ってしまうと議決権が行使できなくなるが、株価下落を予想していても議決権を手放したくない場合には、株式リターンを支払うトータルリターンスワップに入ることで、株価下落からのリターンを得ることができる。

参考文献

あわせて読みたい

エクイティスワップとは | Quant College

ストックオプションを時価評価する方法は? | Quant College

MSワラントとMSCBとMSCBワラント | Quant College

P&Lとインプライドボラティリティとリアライズドボラティリティの関係 | Quant College

バリアンススワップとは | Quant College

バリアンススワップのプライシング | Quant College

バリアンススワップについてもう少し深掘り(1) | Quant College