ギャップオプションとは

関連記事
FX TARFとはどんな商品か
FX TARFの具体的な商品性
 

満期でドル円が95円より下回っていると、

100円からドル円レートを引いたものがペイオフになる、
というようなオプションをギャップオプションという。この場合、 
・95円をストライク
・100円をセカンドストライク
などといったりする。
・95円はペイオフを発生させるトリガーであり、
・100円は実際のペイオフを計算するストライクである。
 
普通のバニラオプションであれば、
満期でドル円が100円より下回っていると、
100円からドル円レートを引いたものがペイオフになる。
これはバニラのプットである。
 
バニラのプットと対比すればわかりやすいが、
ギャップオプションとはつまり、ある程度深くまでインザマネーにならないと、ペイオフが発生しないようなオプションだ。
逆にいうと、いったんペイオフが発生する領域に入ると、実際のペイオフはいきなり大きな金額が生じることになる。
 
ギャップオプションはバニラオプションとデジタルオプションを合わせたものなので、プライシングは容易である。はじめの例であれば、
・95円ストライクのバニラプット
・95円ストライク、ペイオフ5円のデジタルプット
の組み合わせである。
 
デジタルオプションは実務では、
・ストライクを少しだけずらしたバニラオプションのスプレッド
として評価するため、バニラオプションのプライサーを2回まわせばよい。
したがって、1つ目のバニラと合わせて、バニラを3つプライシングすれば、ギャップオプションの評価となる。
 
人によっては、はじめの例において、
・95円をノックインバリア
・100円をストライク
とするヨーロピアンバリアのノックインプットオプション、というように書いているケースもある。
ここで、ヨーロピアンバリアとは、満期の1時点のみでバリアを観測する、ということである。
満期でノックインしたのでプットオプションが発生した、と考えるわけだ。
 
ギャップオプションはよくFX TARFという商品のプットオプションのサイドに用いられている。
ドル円がある程度まで下落しないと、顧客の負け分がペイオフとして実現しないのだが、ひとたびペイオフが発生すると、大きな負け分が発生することになる。

—–