クーポンスワップの時価評価(プライシング)方法

関連記事

クーポンスワップについては以下を参照。

クーポンスワップとは:仕組みとリスクをわかりやすく説明 | Quant College

通貨swapのプライシングについては以下を参照。

クロスカレンシースワップを時価評価する方法は? | Quant College

クーポンスワップの復習

クーポンスワップは通貨swap(クロスカレンシースワップ)の一種であり、
・取引の開始時と終了時に元本交換がなく
・異なる通貨の固定クーポンを交換するスワップ
である。

クーポンスワップ=フラット為替
である。金利系の部署の人はクーポンスワップと言うが、為替系の部署の人はフラット為替と言う。
ここで、フラット為替は、多数の為替予約を1つにまとめて、その予約レートを全て同一にした(フラット化した)ものである。

フラット為替とは | Quant College

為替予約は満期が異なれば、フェアな予約レートは変わるのだが、それらを同一の予約レートに統一したものをフラット為替という。
このフラット為替は、予約レートがフラット化されているので、要するに2通貨の固定金額の交換を一定期間行う、ということだから、すなわちクーポンスワップと同じである。

時価評価の手順

元本交換がない通貨スワップとして評価すればよい。クーポンは変動金利ではなく固定金利なので、キャッシュフローは全て確定している。このため、必要になるのはディスカウントカーブのみであり、将来の変動金利を求めるためのイールドカーブ(プロジェクションカーブ)は必要ない。

円担保のドル円クーポンスワップを例にすると、時価評価の手順は以下の通り。

  1. ドルのOISからドル担保のドルディスカウントカーブを作成する
  2. ドル担保ディスカウントカーブをインプットにして、ドルのLiborスワップレートからUSD Libor3Mのプロジェクションカーブを作成する
  3. 円のOISから円担保の円ディスカウントカーブを作成する
  4. 円担保ディスカウントカーブをインプットにして、円のLiborスワップレートからJPY Libor6Mのプロジェクションカーブを作成する
  5. 円担保ディスカウントカーブとJPY Libor6Mのプロジェクションカーブをインプットにして、円の3M-6MテナーベーシスからJPY Libor3Mのプロジェクションカーブを作成する
  6. 以上のカーブを総動員して、ドル円の通貨ベーシスからドル担保の円ディスカウントカーブを作成する
  7. 為替フォワードがドル担保と円担保で変わらないという仮定を置くことで、円担保のドルディスカウントカーブを逆算により作成する
  8. 円の固定キャッシュフローは円担保の円ディスカウントカーブで割り引いて、円サイドの割引現在価値の合計を求める
  9. ドルの固定キャッシュフローは円担保のドルディスカウントカーブで割り引いて、ドルサイドの割引現在価値の合計を求める
  10. 当日受渡の為替レートで通貨をそろえて、円サイドの価値とドルサイドの価値をネッティングしたものを時価とする

あわせて読みたい

通貨ベーシスを用いたイールドカーブ生成 | Quant College

通貨ベーシスを用いた有担保スワップのプライシング | Quant College

【解説:通貨ベーシスとは】通貨ベーシスのコンベンション | Quant College

【解説:通貨ベーシスとは】通貨ベーシスの直観的な意味合い | Quant College

エキゾチック通貨スワップの特徴 | Quant College

通貨スワップ=為替スワップ+異通貨間の金利スワップ | Quant College