タフレガシー契約とシンセティック (Synthetic) LIBORとは

こちらもおすすめ

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

はじめに

昨日(2021年3月5日)、英当局FCA (Financial Conduct Authority) がLIBORの公表停止時期を正式に発表した。ISDAもそれに合わせてアナウンスガイダンスを発表している。

重要なこととして、今回のアナウンスは、pre-cessation trigger(公表停止前トリガー)に該当し、全通貨・全テナーのLiborについて、フォールバックスプレッドの計算期間、そしてフォールバックスプレッドの値が確定したことになる。

Liborはまだ公表されているし、Libor参照契約はまだLiborをもとに利息額を求めている。しかし、今後Liborが公表停止されたら変動金利の条件が変わるのだが、その新しい変動金利の条件(後決め複利RFR+フォールバックスプレッド)が確定したわけである。

各通貨、各テナーの公表停止時期

FCAの発表をざっくりまとめると次のようになる。

  • 2021年12末を最後に公表停止:
    • USD:1W, 2M
    • JPY:S/N, 1W, 2M, 12M
    • GBP:O/N, 1W, 2M, 12M
    • EUR:全てのテナー
    • CHF:全てのテナー
  • 2021年12末を最後に公表停止されるが、
    Synthetic Liborが公表される可能性あり
    • JPY:1M, 3M, 6M:
      Synthetic Liborの公表は2022年12末までの1年間を検討
    • GBP:1M, 3M, 6M:
      Synthetic Liborの公表終了日は未定
  • 2023年6末を最後に公表停止:
    • USD:O/N, 12M
  • 2023年6末を最後に公表停止されるが、
    Synthetic Liborが公表される可能性あり
    • USD:1M, 3M, 6M:
      Synthetic Liborの公表終了日は未定

ポイントは以下の通り。

  • USDだけは2023年6末まで、1年半だけ廃止が延期された(事前のうわさ通り)
  • JPYとGBPのメジャーなテナーは、Libor自体は2021年末で公表停止されるが、その後もシンセティックLiborが公表されるかもしれない
  • JPYのシンセティックLiborは仮に公表されたとしても1年間の予定

ではシンセティックLiborとは何なのか。
その前にまずタフ・レガシー契約について見ていく。

タフレガシー契約とは

契約上の参照金利をLIBORからRFRに移行するのが困難な契約のことである。
困難な原因としては次のようなものがある。

  • 取引当事者が多く、合意形成を実現するのが難しい(社債など)
  • 契約が複雑で文言修正が難航する
    • 標準化されていないテーラーメイドな契約の場合
    • 仕組み取引にLibor参照取引が組み込まれている場合
  • 顧客(中小金融機関、事業法人、個人など)が、
    • Libor廃止問題に精通しておらず、啓蒙・教育が必要
    • そもそもRFR移行に対応できるだけのリソースを確保できない

これらについては、期限までにRFRへ移行するのが現実的に困難であるため、例外対応が必要との声があがっていた。

なお、デリバティブについてはISDAのフォールバック・プロトコルに批准していれば、自動的にRFR移行できるため、そこまで深刻に考えられていない。しかしISDAプロトコルに批准していない場合は、市場の一斉フォールバックの動きに取り残されるため、その場合もタフ・レガシー問題が生じることになる。

シンセティックLIBORとは

Synthetic Liborは、「Synthetic」が合成とか人工という意味であり、「正式なLiborではないが、人工的に作られたLiborのような金利の参考値」のことである。合成Liborなどとも呼ぶ。

重要な点は、Liborと似た特徴を持つが、あくまで参考値であり、Liborではない、ということだ。

シンセティックLiborがどのように計算されるかについては、現状の議論では、
ターム物RFR+スプレッド
と計算されるようだが、詳細はまだはっきりしない。

ここで、

  • ターム物RFRは、フォワードルッキングな先決めレートのこと
  • スプレッドは、フォールバックスプレッドをもとに設定される見通し

である。

シンセティックLiborは、Liborと同じ特徴を有していないといけないので、

  • 後決め金利ではなく先決め金利
  • 銀行クレジットのスプレッドが上乗せされる

ということになる。

参考文献

Interest Rate Swaps and Their Derivatives: A Practitioner’s Guide (Wiley Finance Book 510) (English Edition)

Interest Rate Derivatives Explained: Volume 1: Products and Markets (Financial Engineering Explained) (English Edition)

Interest Rate Derivatives Explained: Volume 2: Term Structure and Volatility Modelling (Financial Engineering Explained) (English Edition)

こちらもおすすめ

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

あわせて読みたい

【LIBOR廃止】QUICK社のTORFとTONAの違い【OISの参照金利指標】 | Quant College

【LIBOR廃止】TORFとTIBORの違い | Quant College

TONA金利とは | Quant College

SOFR金利の読み方 | Quant College

ESTR金利の読み方 | Quant College

LIBOR廃止後のイールドカーブについて: 全体感 | Quant College

LIBOR廃止の移行期のカーブ構築 | Quant College

SOFRイールドカーブの使い道 | Quant College

Libor亡き後の無担保割引金利は? | Quant College

ターム物RFR金利を参照するスワップとは | Quant College

OISインデックス(ターム物RFR)のテナーベーシスが今後生まれてくるのか? | Quant College