スワップションとキャップの違い

金利オプションにはスワップションとキャップフロアがあるが、何が違うのか。ここでは、スワップションはヨーロピアン型に限定して話を進める。

 
・スワップションは、金利受け払いのポートフォリオのオプション
・キャップフロアは、金利受け払いのオプションのポートフォリオ
である。
 
さらにいえば、
・スワップションは、権利行使は1回、行使で発生するのは複数回の金利受け払い
・キャップフロアは、権利行使は複数回、行使で発生するのは1回の金利受け払い
である。
 
スワップションは、金利スワップを原資産とするオプションであり、金利スワップを開始する権利のことである。
金利スワップは、金利の受け払いが複数回あり、1つ1つの金利受け払いは、FRAと呼ばれる商品に似ている。つまり、金利スワップはFRAのポートフォリオである。
このため、スワップションはFRAのポートフォリオのオプションである。権利行使すると、1回ではなく何回もFRAをやることになる。
 
一方で、キャップやフロアは、1回の金利受け払いをするオプションを、何個も集めてパッケージにしたものである。ひとつひとつのオプションはキャップレットやフロアレットと呼ばれる。キャップやフロアは、金利オプションのポートフォリオである。
このため、キャップやフロアには権利行使日が複数あり、1回権利行使すると、直後に1回の金利受け払いが発生する。
 
ここで、もし仮に金利受け払いが1回のスワップションがあったとすると、それはまさしくキャップレットやフロアレットと同じである。
権利行使したら、金利受け払いが1回発生するわけなので、上で説明したように、これはキャップやフロアを構成するひとつひとつのオプション、つまりキャップレットやフロアレットのことである。
したがって、キャップやフロアは、金利受け払いが1回のスワップションをまとめ売り、または、まとめ買いすることと同じである。
 

—–