ZTIBORとDTIBORの違い:ユーロ円TIBORと日本円TIBORの違い

あわせて読みたい

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習・データサイエンスに必要な数学とPythonの入門編【随時更新】 | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習編【随時更新】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

関連記事

金利スワップとOIS:LIBORが無くなると、金利スワップのほとんどがOISになる | Quant College

OISを時価評価する方法は? | Quant College

ベーシススワップとは:3種類ある | Quant College

RFR関連の新しいベーシススワップ: 3種類ある | Quant College

金利スワップの変動金利インデックス: 4種類ある | Quant College

日本におけるRFR移行の現状 | Quant College

LIBOR6MとLIBOR3Mは異なる原資産 | Quant College

非標準金利インデックスのボラティリティ計算方法 | Quant College

はじめに

TIBORには2種類あり、きちんと区別しないといけない。ZTIBORとDTIBORである。

ZTIBOR

ZTIBORはユーロ円TIBORであり、オフショア市場、すなわち日本国外目線でレートが決まっているものである。
デイカウントコンベンションはLIBORと同じA/360となっている。

デリバティブのインターバンク市場はJPYの取引であっても、邦銀ではなく外銀が主要プレイヤーであるため、ZTIBORの方が流動性があり、LIBOR-TIBORベーシススワップは、何も言われなければ普通はZTIBORとのベーシススワップである。

ZTIBORはDTIBORと比べると、LIBORとある程度似たような動きをするが、小さな市場変化に応じて動いているかというと、そういうようにも見えないため、本当に市場実勢を反映しているのかには疑問が残る。

DTIBOR

DTIBORは日本円TIBORであり、オンショア市場、すなわち日本国内目線で決まっているものである。
デイカウントコンベンションはA/365となっている。
DTIBORは365日ベースなので、360日ベースのZTIBORより高くなる傾向にある。

円建てのローンなどキャッシュ商品(つまりデリバティブ以外の商品)ではZTIBORではなくDTIBORが一般的となっている。

DTIBORはZTIBORやLIBORとは全く異なる動きをしており、というか、ほとんど動いていない。これで市場実勢を反映しているといわれても信用しがたいだろう。ZTIBORもDTIBORもパネルバンク(レートを提出している銀行)はほぼ同じ顔ぶれだが、DTIBORはほとんど動きがない。

イールドカーブ生成

フォワードレート計算に用いるイールドカーブも2つのTIBORで別々に作らないといけない。
ZTIBORカーブはLIBORとのベーシススワップから作る。
DTIBORカーブはLIBORとのベーシススワップか、または、ZTIBORとのベーシススワップから作ることになる。DTIBORは国内の顧客(インターバンクではなく)向けでしか使わないだろうからLIBORとのベーシスよりZTIBORとのベーシスの方が普通だろう。

自行TIBOR

TIBORにはこの2つに加えて、三井住友TIBORや、みずほTIBORなど、各邦銀が独自に設定しているTIBORがある。銀行内では自行TIBORや、Our TIBORと呼ぶらしい。これらも水準が微妙に異なるのできちんと区別しないといけない。

LIOBR廃止後

LIBORはなくなるが、TIBORは生き残る。ただし、ZTIBORは全銀協の方針で将来的に廃止されることが決まっており、DTIBORに一本化される。

無担保取引をLIBORディスカウントで対応している邦銀がけっこうあると思われるが、これをZTIBORディスカウントに切り替えたとしても、今度はZTIBORが廃止されてしまうので注意が必要だ。

あわせて読みたい

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習・データサイエンスに必要な数学とPythonの入門編【随時更新】 | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習編【随時更新】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

新作note『CVA入門』をリリースしました。 | Quant College

関連記事