【LIBOR廃止】EURの金利指標EURIBORは存続

こちらもおすすめ

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

読んだ記事

Euribor can stay if reforms succeed – ECB’s Holthausen

Risk, June 2018

EURIBORの公表は継続される見通し

  • ECBがEURIBORの信頼性を高める努力をしているが、これがうまくいけば、EURIBORはEUのベンチマーク規制をクリアして、引き続き使用できるかもしれない。
  • その場合、現在のEURのスワップはこれまでと同じく、変動金利がEURIBORを参照することになる。
  • これは、LIBORをなくして別の金利を参照するスワップを迅速に開発してきたUSやUKとは真逆の動きである。
  • EURIBORの信頼性を高める方法としては、「ハイブリッドアプローチ」というレート計算方法が考えられている。
  • EURIBORを管轄するベルギーのFinancial Services and Markets Authorityは、LIBORを管轄するFCAとは異なり、EURIBORの提出をpanel banksに義務付けている現在のスタンスを、変えていない。
  • このスタンスは、JPYのTIBORや、AUDのBBSWと同じであり、LIBORが無くなる一方で、国内のローカルインデックスは存続することになる。

こちらもおすすめ

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

あわせて読みたい

ESTR金利の読み方 | Quant College

EURスワップのRFR移行と、ESTRカーブ生成方法 | Quant College

Eurexも来年にEuriborスワップの割引金利をEsterに変更 | Quant College

TONA金利とは | Quant College

SOFR金利の読み方 | Quant College