社債の時価評価方法

社債は、固定クーポンを受け取り、満期に元本償還を受け取る。しかし国債よりもデフォルト確率は高いため、クレジットを無視して評価することはできない。

評価に必要なものは、
・ベースとなるイールドカーブ
・クレジットスプレッド
である。

キャッシュフローはクーポンも元本償還も固定なのでシンプルだが、どのイールドカーブとクレジットスプレッドで割り引くか、が問題となる。

クレジットスプレッドはあくまでベースとなる金利に上乗せするものなので、ベースとなる金利が変われば、適切なクレジットスプレッドも変わってくる。

ベースとなるイールドカーブの選択としてはだいたい、
・国債カーブ
・LIBORカーブ
のどちらかだろう。

社債も債券の一種なわけなので、国債カーブが選択肢になる。発行体のクレジットスプレッドを例えば、JGBイールド+何ベーシス、という形で観測できるなら国債カーブとなる。
一方で、クレジットスプレッドが、LIBORイールド+何ベーシス、という形で観測できるなら、LIBORカーブを用いる。

いずれにせよクレジットスプレッドは満期によらず一定と仮定してしまうことも多い。このあたりはCDSと大きく異なる。CDSは満期ごとに異なるCDSスプレッドからクレジットのカーブを生成して評価する。一方で、社債は様々な満期のクレジットスプレッドを観測できないことも多いため、スプレッド一定と仮定してしまうことになる。