金利のSOFRレートとは:読み方/LIBORとの違い5選/ターム物/公表時間

こちらもおすすめ

計算演習 確率解析(ブラウン運動編その1)をリリースしました。 | Quant College

【大幅改定】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ(前編) | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College

【初心者向けにわかりやすく解説】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【感想あり】金利デリバティブを独学するのにおすすめの本:9冊を難易度順に紹介【マルチカーブ/マイナス金利】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

SOFRとは:正式名称

ドルLiborの廃止は2023年6月末まで1年半延期されたが、2021年時点ですでに、ドルの変動金利を参照する新規取引は、ドルLibor参照からSOFR参照に置き換わっている

SOFRとは、Secured Overnight Financing Rateの略であり、 米国債担保の翌日物レポ金利から算出される翌日物金利指標である。Liborは無担保でお金を貸す際の金利だが、SOFRは無担保ではなく有担保の金利であることに注意。有担保 (Secured) の意味は、米国債を担保に取ってお金を貸す際の金利ということである。

SOFRは「ソーファー」と読む。

英語で、何か質問ありますか?、と聞かれたときに、今のところ大丈夫です、と答える決まり文句として、

So far, so good.

というフレーズがあるが、このSo farと同じ発音である。

多数派は「ソーファー」だが、他の読み方もある。

  • ソフラ
  • エスオーエフアール

外人はたいてい「ソーファー」と読んでいるが、なぜか一部の日本人は「ソフラ」と読んでいる。初めて聞いたときは何のことかと思ったが、SOFRのことらしい。もし仮にSOFRAであればそう読むのかもしれないが、最後にAなどない。これはかなり奇妙な読み方である。聞いたところによると、日経新聞か何かでSOFRが紹介された際、ソフラという読み方で掲載されてしまったかららしい。もちろん日本人でもソーファーが多数派という印象だ。

また、その他にもわずかだが、エスオーエフアールとそのまま読む人もいるようだ。

SOFRとLIBORの違い5選

SOFRとドルLIBORの違いは以下の3点。

  1. ドルLIBORは実取引に基づいていない金利、SOFRは実取引に基づいた金利
  2. ドルLIBORは無担保金利、SOFRは有担保金利
  3. ドルLIBORには銀行のクレジットリスクが織り込まれているが、SOFRには織り込まれていない
  4. ドルLIBORターム物(3カ月物や6カ月物など)が一般的、SOFR翌日物が一般的(ターム物の公表も始まっているが)
  5. SOFRにはレポ取引に固有の季節性があり、定期的に急上昇や急落が発生している

ドルLIBORは銀行が「言い値」で呈示する金利であり、銀行がその金利水準で実取引を行う義務はない。これが原因となって、LIBOR不正操作の問題が発生した。一方で、SOFRは実際に約定された実取引に基づき算出される金利であり、不正操作するのは困難と考えられている。

ドルLIBOR無担保でお金を貸し借りする際の金利だが、SOFRは米国債を担保とするレポ金利から算出される有担保金利である。原理原則としては有担保金利のほうが、担保を取っている分、銀行は無担保金利よりも低いレートを呈示できる。

この有担保金利と無担保金利の差はクレジットリスク(信用リスク)から来ている。有担保の場合は担保を取っている分だけクレジットリスクが削減されるが、無担保の場合はデフォルトが起きた場合の備えがなく「ノーガード」なので、クレジットリスクを負っていることになる。

ドルLIBORが契約で使用される際、ほとんどの場合はターム物が使用される。ターム物とは3カ月物や6カ月物など、翌日物よりも長い期間の金利を指す。これに対して、SOFR自体は翌日物金利であり、つまり、今日借りて明日返す金利である。契約上使いやすくするためにターム物のSOFRも開発されたが、ターム物SOFRは金利スワップなどのデリバティブでは通常使われず、債券やローンなどで使われる予定だ。

SOFRには米国債レポ市場に特有の定期的な「スパイク」が見られる。これは四半期末など決算のタイミングで、レポ市場における取引が片方向に偏ることが原因となって生じる。お金を借りたい人が貸したい人よりも圧倒的に多くなると金利は高くなる。このような決算タイミングにおける季節性はLIBORレートには見られず、SOFR特有のものである。

ターム物SOFRレート

SOFRのターム物は、CMEグループが公表するレートが正式に指名されている。ターム物SOFRレートは、CMEで取引されるSOFR先物のレートから算出されるもので、1カ月物、3カ月物、6カ月物の3種類がある。

公表値の公表時間

ニューヨーク連銀(ニューヨーク連邦準備銀行)が、当日分の米国債取引を集計して、翌営業日の午前8時頃(ニューヨーク時間)に公表値を計算する 。

参考文献

スワップ取引のすべて(第5版)

実践デリバティブ: Excelでデータ分析

Interest Rate Swaps and Their Derivatives: A Practitioner’s Guide (Wiley Finance Book 510) (English Edition)

Interest Rate Derivatives Explained: Volume 1: Products and Markets (Financial Engineering Explained) (English Edition)

あわせて読みたい

SOFRイールドカーブの構築 | Quant College

SOFRイールドカーブの使い道 | Quant College

【LIBOR廃止・RFR移行】SOFRとOISの違い | Quant College

ドル担保金利が来年にはSOFRに | Quant College

USDの割引金利がFFレートからSOFRレートへ | Quant College

LCHのドル割引金利もSOFRへ | Quant College

CCPのドル担保スワップは来年にSOFR割引へ | Quant College

LCHとCMEがSOFRスワップを精算開始予定 | Quant College

【LIBOR廃止】QUICK社のTORFとTONAの違い【OISの参照金利指標】 | Quant College

【LIBOR廃止】TORFとTIBORの違い | Quant College

【LIBOR廃止とRFR移行】RFRとOISの違い | Quant College

【LIBOR廃止・IBOR改革・RFR移行】IBORとは? IBORの読み方は? | Quant College

こちらもおすすめ

計算演習 確率解析(ブラウン運動編その1)をリリースしました。 | Quant College

【大幅改定】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ(前編) | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College

【初心者向けにわかりやすく解説】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【感想あり】金利デリバティブを独学するのにおすすめの本:9冊を難易度順に紹介【マルチカーブ/マイナス金利】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College