ドル円の為替フォワードから作る2種類のディスカウントファクター

市場では為替スワップポイントがクォートされており、それをコンベンションに従ってスケーリングし、為替スポットに足せば、為替フォワードが得られる。

 
この為替フォワードからディスカウントファクターを作るとき、やり方は1つには定まらない。ここではドル円を例に考える。
 
方法⑴
ドルLibor3Mカーブを補間して得たドルのディスカウントファクターをインプットにして、為替フォワードから円のディスカウントファクターを逆算する
 
方法⑵
円Libor6Mカーブを補間して得た円のディスカウントファクターをインプットにして、為替フォワードからドルのディスカウントファクターを逆算する
 
2つの方法は、インプットとアウトプットの通貨が逆である。金融機関によって方法⑴のところもあれば、方法⑵のところもある。この違いは何なのか。
 
方法⑴は、ドルLibor3Mファンディングの円の割引金利、つまり米銀目線の円の借入金利を求めていることになる。
 
方法⑵は、円Libor6Mファンディングのドルの割引金利、つまり邦銀目線のドルの借入金利を求めていることになる。
 
通貨ベーシスは現在マイナスだが、これはつまり、
・ドルを元手に円を借りる金利は安くしてもらえる
・円を元手にドルを借りる金利は高くされてしまう
という状態を示している。
 
為替フォワードにはこの通貨ベーシスに対応する情報が織り込まれているため、
 
・方法⑴で出した円のディスカウントファクターは、普通に円Libor6Mカーブから直接得られるディスカウントファクターよりも、割引が弱くなる
 
・方法⑵で出したドルのディスカウントファクターは、普通にドルLibor3Mカーブから直接得られるディスカウントファクターよりも、割引が強くなる
 
ということになる。

—–