CDSの回収率(リカバリーレート)のコンベンション:35%か40%か

こちらもおすすめ

【初心者向け】CVAの体系的まとめnote | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【随時更新】CVAなどのXVAを勉強するのにおすすめの本:5冊 | Quant College

解説

CDSのマーケットクォートで前提となるリカバリーレート、つまり回収率は、コンベンションがある程度決まっており、

 

・参照発行体の属する地域
・参照債券の優先・劣後
 
によって変わってくる。
 
まず、大多数の地域では、シニア債の回収率は0.4、劣後債の回収率は0.2である。これは、
・北米
・西欧
・日本以外のアジア
・オーストラリア、ニュージーランド
に当てはまる。
 
先進国で例外なのは日本だけであり、シニア債の回収率は0.35、劣後債は0.15となっている。
 
その他には、中東、南米、東欧などは、シニア債も劣後債も0.25となっている。
 
いずれも、CDSでは回収率は一定値で変動しない前提になっている。
 
しかしながら、参照債券の発行体の財務状況が悪化してくると、CDSは短期ゾーンに取引が集中し、長期ゾーンが閑散とする。CDSスプレッドのカーブも手前が高くて満期が長くなるほど低くなる、逆イールドになる。
 
そうなる頃には、変動する回収率の水準を予想して取引するリカバリーロックという商品が出てきて、回収率の市場を形成することになる。
そうならない限りは、クレジットデリバティブ市場では回収率は一定値にしてしまうことが多い。

こちらもおすすめ

【初心者向け】CVAの体系的まとめnote | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【随時更新】CVAなどのXVAを勉強するのにおすすめの本:5冊 | Quant College