【仕組債の仕組みとカラクリを解説】クレジットリンク債(クレジットリンクノート、CLN)とは【SPCリパッケージスキーム】

ざっくり解説

クレジットリンク債は、発行体とは異なる企業(参照組織)のクレジットリスクも引き受ける代わりに、高いクーポンが得られる仕組債である。

以下のように呼ぶこともある。
・クレジットリンクノート
・Credit Linked Note
・略してCLN

CLN発行体は、仕組債を組成している金融機関、あるいはSPCである。
CLNの特徴は以下の通り。

  • 金融機関あるいはSPCであるA社がCLNを発行
  • CLNは参照組織であるB社のクレジットを参照する
  • B社にデフォルトがない限り投資家は固定金利(または変動金利)を受け取る
  • B社がデフォルトした場合、その債券の回収額に応じて投資家は元本償還を受ける(回収額に応じて元本の一部を失う)

「デフォルト」と書いたが、正確には「クレジットイベント」である。どのような状態になったらクレジットイベントに該当するか、については契約書に書いてある。クレジットイベントは、ざっくり「借金を返せなくなった状態」と思っておけばよい。

CLNは債券の形になっているものの、実質的には、投資家はCDS(クレジットデフォルトスワップ)をやっていることになる。具体的には、

  • 投資家はCDSのプロテクションの売り
  • 発行体はCDSのプロテクションの買い

のポジションをとっている。

プロテクションの売りとはデフォルト保険の売り手であり、

  • デフォルトが起こらない限りクーポンがもらえる
  • デフォルトが起きたら、参照する債券の発行体が返済できない金額を、肩代わりして支払う

というものである。

それに対して、プロテクションの買いとはその逆だが、デフォルト保険の買い手であり、

  • デフォルトが起こらない限りクーポン(保険料)を支払う
  • デフォルトが起きたら、参照する債券の発行体が返済できない金額は、プロテクションの売り手に肩代わりしてもらえるので、損失は発生しない

というものである。

クレジットリンク債と社債の違い

クレジットリンク債は社債に似ているが、違いは以下の通り。

  • 社債の場合は、投資家が負っているクレジットリスクは発行体のものだけ
  • クレジットリンク債の場合は、投資家が負っているクレジットリスクは、発行体のものと、CLNが参照する企業(参照組織)のもの、の2社分ある

CLNの発行体がSPCの場合、発行体のクレジットはつまり、投資家がSPCに預けている担保債のクレジットである。なぜなら、担保債がデフォルトすると、SPCスキームを解体することになり、その清算時にある程度の金額は回収できるかもしれないが、それ以降のキャッシュフローは得られないからである。

ただし担保債がJGBや米国債などであれば、リスクはかなり低いとはいえるが、担保債のクレジットリスクは必ずしもゼロではない点には注意したい。

クレジットリンク債と社債の違い | Quant College

クレジットリンク債とリパッケージ債の違い

CLNの発行体は
・金融機関
・金融機関が設立したSPCや、信託勘定
などである。

SPCが発行体になる場合は必ず、投資家は
・手持ちの債券(JGBなど)を担保としてSPCに預けて、
・SPCが発行するクレジットリンク債を購入する、

という形になる。

このように、担保としてSPCに債券を預けて、担保債とは異なるキャッシュフローを受け取る仕組債を、リパッケージ債と呼ぶ。以下の関連記事も参照。

リパッケージ債とクレジットリスク | Quant College
SPC発行のリパッケージ債とCVA | Quant College
SPC発行のリパッケージ債とCVA ⑵ | Quant College
SPCリパッケージ債のCVA | Quant College
リパッケージ債の評価 | Quant College
コーラブルリパッケージ債とは | Quant College

リパッケージ債には、クレジットリンク債以外にも、様々な種類がある。
・通貨スワップを組み込めば外貨クーポンのリパッケージ債が作れる
・CDSを組み込めばクレジットリンク債が作れる
クレジットリンク債はSPC発行のリパッケージ債であることが多い。
リパッケージ債の具体例の一つとしてクレジットリンク債がある、と思っておけばいいだろう。

参考文献

あわせて読みたい

CDSを時価評価する方法は? | Quant College

CDSスプレッドと社債スプレッドの違い | Quant College

社債の評価とクレジットスプレッド | Quant College

社債の時価評価方法 | Quant College

CDSのパースプレッド、ディールスプレッド、アップフロントフィー | Quant College

CDSのリカバリーレートのコンベンション | Quant College

CoCo債には大きく分けて3種類ある:それぞれを軽く解説 | Quant College

CoCo債のプライシング: 3つのアプローチ | Quant College