【簡単にわかりやすく】ゼロコストオプションとは【為替デリバティブ】

あわせて読みたい

ゼロコストオプションとは

為替系でよく見かけるゼロコストオプションとは、オプションの買いと売りを組み合わせたものだ。

オプションにはプラスの価値があるので、
・オプションを買うと、プレミアムという代金を支払わないといけない
・オプションを売ると、プレミアムという代金を受け取らないといけない

ここで、
・プレミアムが100のオプションAを買って、
・プレミアムが100のオプションBを売れば、
プレミアムの受け払いが打ち消されてゼロになる。
つまり、受け払いがなくなる。

もちろん、全く同じオプションを売り買いしても、銀行の顧客にとっては意味がない。しかし、
・経済効果は異なるが、
・値段は同じ
ようなオプションを売り買いすることで、タダにできる。

これがゼロコストオプションの仕組みである。

よくあるのは為替予約として売られるゼロコストオプションだ。

為替予約は、
・為替のコールオプションの買い
・為替のプットオプションの売り

を組み合わせることで作れる。
これはシンセティックフォワードとも呼ばれる。

そこで、
・コールオプションを買って、
・それと値段の同じプットオプションを売れば、
ゼロコストにできる。

そもそも為替予約は契約開始時にプレミアムを支払わないため、そういう意味では普通の為替予約でもゼロコストなのだが、
わざわざオプションの組み合わせで為替予約を作り、顧客に売りつけるわけだ。
タダより安いものはない、ということで、顧客はついつい契約してしまうのかもしれない。

参考文献

FX Barrier Options: A Comprehensive Guide for Industry Quants (Applied Quantitative Finance) (English Edition)

FX Options and Structured Products (The Wiley Finance Series) (English Edition)

Foreign Exchange Option Pricing: A Practitioner’s Guide (The Wiley Finance Series Book 626) (English Edition)

あわせて読みたい