【仕組債の仕組みとカラクリ】デュアルカレンシー債とは

関連記事

時価評価の方法については以下を参照。

デュアルカレンシー債の時価評価方法 | Quant College

ざっくり回答

以下では国内通貨が円だと仮定する。

  • 投資家は円建てで元本を払い込む
  • クーポンは円建てで受け取る
  • 満期の元本償還は外貨で返ってくる

ざっくりいうと上記のように、円建てで発行してクーポンも円建てだが、元本償還が外貨、という仕組債である。

しかし実務で見かけるのは、

上記のように説明しているのを見かけることが多いが、実際には、元本償還のところは、

  • 元本償還は、
    • 満期時点で為替が行使レートより円安であれば円貨で返ってくるが、
    • 満期時点で為替が行使レートより円高であれば外貨で返ってくる

というものが多い。

円高つまり外貨安にふれてしまうと外貨で返ってくるため、安い外貨しか手元に残らず、円に直すと損失になる、ということになる。

この元本償還に組み込まれているオプション性は、外貨のプットオプションである。投資家はプットオプションを発行体に対して売っていると見ることができる。外貨が行使レートより下がったら発行体が自分の持っているオプションを権利行使するため、オプションの売り手である投資家は発行体にペイオフを支払わないといけない。そのペイオフ支払いが、元本償還における損失に対応している。

外貨がドルであれば、投資家にとって、ドルプット円コールオプションの売りになっている。ドルが円に対して下がって、円高ドル安になると、売っているオプションが権利行使されてしまい損失が出る。

元本償還の種類

プット型

上記に挙げたプットオプション型(プット償還ともいう)であれば、

  • 満期時点でドル円が
    • 95より円高なら、円建て元本を95で割ったドル元本が償還される
    • 95より円安なら、円建て元本がそのまま額面で償還される

というものである。円高になったら安いドルで償還されてしまうので、投資家はたまったものではない。

ギャッププット型

その他、ギャッププットオプション型というものもある。例えば、

  • 満期時点でドル円が
    • 95より円高なら、円建て元本を105で割ったドル元本が償還される
    • 95より円安なら、円建て元本がそのまま額面で償還される

というものである。ペイオフ計算に用いられる行使レートは105だが、外貨ペイオフが発生するトリガーとなっているレートは95である。

イメージとしては、ある程度深くインザマネーに食い込まないと権利行使されないが、ひとたび権利行使されると急に大きな損失が発生する、という感じだ。これをギャップ条項という。

ペイオフの行使レートは105なので為替が105を下回ればインザマネーだが、為替がさらに下がって95まで行かないと権利行使ができない。しかしひとたび95に到達すると、105と95の差分が投資家の損失として急に発生する。

ペイオフの計算式

プット型とギャッププット型はいずれも、発生するペイオフの金額としては、
円建て元本を \(N\) 、ペイオフの行使レートを \(K\) 、満期の為替レートを \(S\) とすると以下のようになる。

\(\frac{N}{K}(K – S)\)

円建て元本を行使レートで割ったものがドル元本として満期に償還されるが、それを満期時点の為替レートで円転すると、上記の金額だけ損失を食らってしまうというわけだ。

あわせて読みたい

デュアルカレンシー債の時価評価方法 | Quant College

ノックインデュアルカレンシー債とは | Quant College

ノックインデュアルカレンシー債の時価評価方法 | Quant College

リバースデュアルカレンシー債とは | Quant College

リバースデュアルカレンシー債の時価評価方法 | Quant College

パワーリバースデュアルカレンシー債(PRDC債)とは | Quant College

パワーリバースデュアルカレンシー債(PRDC債)の時価評価方法 | Quant College

ギャップオプションとは | Quant College

コーラブルPRDCが持つ2つのオプション性 | Quant College

PRDCクーポンの評価方法 | Quant College

仕組債のキャッシュフローはどのように作られるか | Quant College

EB債の時価評価方法 | Quant College

クレジットリンク債の時価評価方法 | Quant College