MSワラントとMSCBとMSCBワラント

MSとは

MSワラントとMSCBとMSCBワラントの「MS」とはMoving Strikeのことで、前日の株価に応じて行使価格が修正されていくものである。

ワラントとは

ワラントは株式のコールオプションのようなものだが、ざっくりとした違いとしては、権利行使時にコールオプションは通常、発行済みの株式を買い取るが、ワラントは通常、新規発行された株式を買い取る。

CBとMSCBとは

「CB」とはConvertible Bond、転換社債のことで、株式に転換できる債券である。MSCBは転換価格修正条項付きの転換社債である。

MSワラントとMSCBの違い

MSワラントとMSCBの違いのうち重要なものは、発行体のクレジットリスクの大きさである。
CBは債券なので、元本という大きなキャッシュフローにクレジットリスクがある。
一方で、ワラントのクレジットリスクとしては、(前払いの)オプションプレミアムの部分であり、これはCBの元本部分に比べてかなり小さい。
このように、CBは債券なので株価リスクに加えてクレジットリスクも無視できず、エクイティとクレジットの混ざったハイブリッド商品となっている。

MSCBワラントとは

MSCBワラントは、MSCBを原資産とするワラントである。
MSCBワラントの行使価格は、原資産がMSCBという債券であるから、株価ではなく債券価格に対するものであることに注意。また、あくまでCBの転換価格が修正されるだけであり、MSCBワラントの行使価格が修正されるわけではないことにも注意。

CBリパッケージとMSCBワラント

MSCBワラントが登場するのはCBをクレジット部分とエクイティ部分に分解するCBリパッケージであり、このエクイティ部分に該当するのがMSCBワラントである。CBはクレジットとエクイティのハイブリッドなので、リスクを分解してクレジット部分はクレジット投資家に、エクイティ部分はエクイティ投資家に販売しよう、というものである。

CBリパッケージでクレジット部分をクレジット投資家に販売する際、そのクレジット投資家に支払うクーポンを生み出すために、裏で金利スワップ(CBクーポンとクレジットリンククーポンを交換するアセットスワップ)を取り組む。MSCBワラントの行使価格は、この金利スワップの時価に依存する形で設定される。

MSCBワラントの投資家からすれば、MSCBの発行体のクレジットリスクを負わなくて済む。通常時であればそれほど神経質にはならないだろうが、最近のように多くの企業でクレジットリスクが顕在化している環境下では特に、MSCBのクレジットリスクを外せる、というのはエクイティ投資家にとってメリットであるといえる。もともとCBを保有していた投資家がクレジット部分を外して、CBワラントの保有に切り替える、というわけである。

合わせて読みたい