ストラドルとストラングルの違い

ストラドルとは

ストラドルの買いとは、ストライク(権利行使価格)が同じコールとプットを買うこと
ストラドルの売りとは、ストライク(権利行使価格)が同じコールとプットを売ること

ストラドルの買いの場合、ペイオフはV字型になり、原資産価格がATM水準から大きく上がるか大きく下がればもうかる。ただしコールとプットを買っているのでダブルでプレミアムを支払わないといけない。コールとプットを買ったコストを上回るペイオフが得られないともうからない。原資産が上がっても下がってもよいが、ある程度大きく動いてくれないと困るわけである。

コールとプットで同じストライクを買うわけだが、このストライクが正確にATMであれば(コールもプットも50デルタ、つまりデルタが0.5であれば)、ストラドル全体のデルタはゼロである。このようにストライクがATMのストラドルのことを特にATMストラドルという。直観的には、原資産価格が上がろうが下がろうが関係ない、ということになる。

ATMストラドルは原資産価格のリスクを消して、純粋にボラティリティの上下に賭ける戦略である。すなわちデルタを消して、ベガのリスクを取りに行くためのものである。ストラドルの買いは、原資産価格がATMストライクから離れれば離れるほどもうかるわけなので、ボラティリティの買いである。単にコールやプットだけを買ってもデルタが残っているが、ATMストラドルを買うことによってデルタを消してベガに賭けることができる。ATMストラドルを買ったり売ったりすることで、純粋にベガを増やしたり減らしたりするのに用いられる。

ストラングルとは

ストラングルもストラドルと同様に、コールとプットを買う戦略だが、ストラングルでは、
コールのストライクの方が、プットのストライクよりも高い
という点である。一方ストラドルではコールとプットのストライクは同じにするのであった。

ストラドルではストライクはATMにすることが多いが、ストラングルの場合は、コールとプットのストライクはATMをはさむ形で設定する。多いのは25デルタのストラングルで、これはコールのデルタが+0.25、プットのデルタが-0.25になるようストライクを設定する。プットのデルタはマイナスになることに注意。大小関係は、

25デルタプットのストライク<ATM<25デルタコールのストライク

となる。

プットのストライクはATMよりも低く、コールのストライクはATMより高いので、どちらもOTM(アウトオブザマネー)である。
したがってオプションのペイオフが発生するためには、ATMストラドルよりも、原資産価格が大きく動かないといけない。
コールとプットがどちらもアウトオブザマネーということは、ATMストラドルに比べてオプションプレミアムが安く済む、ということになる。
また、ストラングルはストラドルと同様、ボラティリティ自体に賭ける戦略と見ることもできるが、ボラティリティに対する感応度はやや低くなる。

ストラングルは実際にはストラドルと組み合わせることでバタフライの形で取引することも多い。(次回の記事に続く)

参考文献