EURスワップのRFR移行と、ESTRカーブ生成方法

EURスワップで一般的に参照されている変動金利インデックスはEURIBORだが、EURIBORは生き残るようだ。

 
新しい金利インデックスであるESTRはもうECBが公表を始めており、LCHやEurexなどCCPは来年Q2に担保金利をEONIAからESTRに切り替える予定だ。

 

 
EONIAについては、現在すでにESTR+8.5bpで固定されており、2021年末にはLIBORとともに消える見込みだ。
 
EURスワップションについては、インターバンクで取引されているのは多くがキャッシュセトルIRRだが、フィジカルセトルの場合は、権利行使で発生するスワップはCCPで清算される前提でプライシングされている。
仮に日系金融機関が外資系金融機関と円担保でEURスワップションをやっているとすると、
・スワップション自体の担保金利は円のTONARだが、
・権利行使で発生するスワップの担保金利は、現在はEONIAだが、これがESTRに変わる。
 
今後はESTRスワップの流動性が高まり、そのクォートを用いてイールドカーブを生成するだろう。
 
しかし移行期においては、
ESTRスワップレートよりもEONIAスワップレートの方が信頼できるかもしれない。
その場合、EONIAスワップレートを用いてESTRカーブを作らないといけない。
EONIAはESTR+8.5bpで固定されているから、そのスワップレートからESTRのフォワードレートを抜き出すことができるだろう。
 
それに加えて、クォートされているEONIAやESTRスワップレートが前提としている担保金利が、EONIAなのかESTRなのかによっても、仕上がりのイールドカーブが異なってくる。
 
よって、ESTRカーブの生成方法には以下の4つがあり得る。
 
⑴担保金利がEONIAのEONIAスワップレートから作る
⑵担保金利がESTRのEONIAスワップレートから作る
⑶担保金利がEONIAのESTRスワップレートから作る
⑷担保金利がESTRのESTRスワップレートから作る
 
⑶はあまりないかもしれないが、あり得ないわけでもないだろう。
 

—–