CoCo債(偶発転換社債)とは:3種類ある

解説

Contingent Convertible Bonds、略してCoCo BondsやCoCosと呼ばれる。日本語では偶発的転換社債などと訳されるが、CoCo債と呼ばれる。

CoCo債の簡単な説明とプライシング方法の概要は、過去に以下の記事で書いているのでそちらも合わせて確認してほしい。

今回の記事では、CoCo債の分類について簡単に説明する。分類の仕方はいくつもあるだろうが、そのひとつは、以下の3つに分類する方法である。

(1)Write-Downタイプ

(2)Conversionタイプ

(3)CoCoCo債(Contingent Conversion Convertible Bonds)

(1)と(2)はトリガーが引かれたときに何が起こるのか、が異なる。ここでトリガーというのは、典型的には、発行体の自己資本比率が一定水準を下回ったら引かれるものである。

(1)は、トリガーが引かれると投資家に支払われるキャッシュフローが減額されるものだ。何がどれくらい減額されるかは債券ごとに異なるが、典型的には、債券の元本が一定割合だけ減額されてしまう。また、一部のCoCo債では、temporary write-downというのがある。これは、いったんトリガーが引かれて元本が減額されても、その後に自己資本比率などが一定程度改善した場合、元本が増額される、というものだ。

(2)は、トリガーが引かれると、CoCo債はあらかじめ決められた株数の株式に転換され、投資家に交付される。CoCo債のトリガーが引かれるのは発行体の株価が下落したときであるから、この場合も(1)と同様に、トリガーによって投資家は損失を被る。(2)の場合は、CoCo債の投資家だけではなく、既存株主も不利益を被る。株式への転換によって株数が増え一株当たり利益が低下(希薄化)するからである。転換される株数は転換比率といわれるが、これは元本を転換価格で割って求める。

転換株数=債券の元本÷転換価格

よって、転換される株数を求めるには、転換価格を決めないといけない。この転換価格の決め方にはいくつかあるので、今回とは別の記事で説明する。

(3)はレアケースだが、過去にキプロス銀行の発行実績があるようだ。CoCoCo債というのは、通常のCoCo債と通常の転換社債(CB)を合体させたようなものである。

・株価が下がってトリガーが引かれると、通常のCoCo債と同様に強制転換が起こり、投資家は損失を被る

・一方で、株価が上がると、通常のCBと同様に、投資家は転換権を行使して、値上がり益を享受できる

すなわち投資家にとっては、転換の義務と権利が両方与えられていることになる。CBのように転換の権利を保有しているわけなので、その分、受け取れる債券のクーポンレートは、通常のCoCo債と比べて低く設定されることになる。

参考文献

The Handbook of Hybrid Securities: Convertible Bonds, CoCo Bonds, and Bail-In (The Wiley Finance Series) by Jan De Spiegeleer Wim Schoutens Cynthia Van Hulle(2014-05-19)

Handbook of Corporate Equity Derivatives and Equity Capital Markets (The Wiley Finance Series 607) (English Edition)

The Risk Management of Contingent Convertible (CoCo) Bonds (SpringerBriefs in Finance)