エキゾチック通貨スワップの特徴

通貨スワップにも複雑なバージョンがある。

バニラな通貨スワップは以下の通り。

・クーポンはLiborレートか固定レートを交換する

・スポットと満期に元本交換があり、その元本キャッシュフローは固定されていて変動しない

満期の元本交換は、予約レートが当初のスポットレートに設定された為替フォワードと同じである。

それに対して、エキゾチックな通貨スワップの特徴は以下の3点。

⑴クーポンレートが為替レートに応じて変化する。よくあるのは、ストライクより円安だと高クーポン、円高だと低クーポンになるデジタル型である。

⑵満期の元本交換の予約レートが為替に依存して変化する。よくあるのは、プット型やレシオフォワード型であり、レシオフォワード型は、予約レートが当初のスポットレートやフォワードレートから離れた水準に設定されている。

⑶ノックアウトバリアが付いており、バリアにヒットするとそこで元本交換して終了する。商品によっては、そのときの予約レートが当初の予約レートとは異なる水準に設定されているものもある。

⑴から⑶のうち、全てが盛り込まれているとも限らない。例えば、

・クーポンはシンプルで、Liborレートと固定レートの交換だが、

・満期の元本交換がプットオプションになっており、

・ノックアウトバリアが付いている

というのも見かける。

⑴のデジタルクーポンは例えば、

・ドル円が100より円安なら3%、円高なら0.1%

といった感じだ。

⑵の元本償還について、

プット型は例えば、以下のような感じ。

・ドル円が90より円高なら、証券会社は円を受けてドルを払う

・円安なら、ペイオフなし(証券会社は円を受けて円を払う)

レシオフォワード型は例えば、以下のような感じ。

・ドル円が90より円高なら、証券会社はドル元本を当初の30%増しにして、円を受けてドルを払う

・円安なら、ドル元本は当初のままで、円を受けてドルを払う