カレントエクスポージャー方式とSA-CCRの違い

こちらもおすすめ

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College

新作note『CVA入門』をリリースしました。 | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習・データサイエンスに必要な数学とPythonの入門編【随時更新】 | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習編【随時更新】 | Quant College

解説

カレントエクスポージャー方式(以下CEM)と、SA-CCRで異なるのはEADの計算であり、具体的には以下2つの計算が異なる。

 
・再構築コスト(以下RC)
・将来エクスポージャー(以下PFE)
 
CEMでは、
 
RC = max(NPV – VM, 0)
PFE = Addon = 想定元本 x 掛け目
 
として、
 
EAD = max(RC + PFE – IM, 0)
 
と求める。
ここで、
・NPVはデリバティブ時価
・VMは変動証拠金
・IMは当初証拠金
である。
 
CEMでは、将来エクスポージャーに対応するアドオンを、想定元本に掛け目をかけるだけという、あまりにも単純な方法で求める。
この掛け目は、取引の満期の長さと、アセットクラスによって決まる。
 
一方、SA-CCRは計算がやや複雑である。
 
EAD = α x (RC + PFE)
 
RC = max(NPV – VM – IM, TH + MTA – NICA, 0)
PFE = min(1, f + (1-f)exp((NPV – VM -IM)/(2(1-f)Addon)))Addon
 
と求める。ここで、
・αは1.4
・THは信用極度額
・MTAは最低引渡金額
・NICAは独立担保額
・fは5%
・Addonは、想定元本、満期などに応じて決まる。
 
このように、SA-CCRでは担保契約の詳細がより精緻に考慮されることになる。

関連記事

こちらもおすすめ

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ | Quant College

新作note『CVA入門』をリリースしました。 | Quant College

LIBOR廃止とRFR移行のまとめ | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習・データサイエンスに必要な数学とPythonの入門編【随時更新】 | Quant College

【感想あり】おすすめのUdemy動画講座:機械学習編【随時更新】 | Quant College