LIBOR廃止に伴うロジック変更(続)

・FVA計算に用いるファンディングスプレッドも、現在はLIBORに加えるスプレッドとして定義しているが、LIBORが無くなると、これを、RFRに加えるスプレッドの形に変更することになる。

・リスクモデルもLIBORを用いているため、これをRFRに変更すると、VaRなど、規制資本の計算にも影響が及ぶ。規制資本が変わるとKVAも変化するため、資本を多く消費するエキゾチックデリバティブは特に、顧客から見た価格が大きく変化する可能性もある。

・金利ボラティリティについても、現在はLIBORスワップを参照するスワップション市場から取得しているが、LIBORが無くなるとこれも取得できなくなるため、LIBORスワップションの代替としてRFRスワップションを開発する必要が出てくるが、まだRFRスワップの取引が始まったところであるため、そのような取引事例がない。

こちらもおすすめ