Eurexも来年にEuriborスワップの割引金利をEsterに変更

こちらもおすすめ

解説

LCHに続いてEurexも割引金利を変更する。

しかし、違いは対象商品であり、
 
・LCHはEURのスワップ全てであり、変動金利はEuribor, Eonia, Esterなどである。
 
・EurexはひとまずEuriborスワップである。
 
ということで、割引金利変更のスコープが異なる。
 
Libor廃止問題については、金利変更のニュースが今後も次々に出てくるだろうが、以下のような観点で切り分けて整理する必要がある。
 
・CCPの話か、バイラテラルの話か
・CCPの中でもどのCCPの話なのか
・割引金利の話か、スワップ契約の変動金利の話か
・新規取引の変動金利の話か、既存取引の変動金利の話か
・変更する対象商品はどこからどこまでか
・金利変更時の清算方法は、キャッシュの受け払いなのか、ベーシススワップ締結なのか
 
今後は、有担保スワップの割引金利の選択は、
・通貨は何か
・CCPかバイラテラルか
・どのCCPか
・スワップの種類は何か
によって変わってくるだろう。
 
CCPだけがRFRディスカウントに移行していたり、
SOFRスワップの割引がLCHではFFだがCMEではSOFRだったり、
CMEではSOFRスワップだけがSOFRディスカウントだが他のドル金利スワップはFFディスカウントだったり、
ということで、RFRへの移行期は、かなり細かく市場が分断されることになる。
 
LCHでも、
ドルスワップを一斉にSOFRディスカウントに移行するか、
商品ごとにFFディスカウントとSOFRを混在させる移行期間を設けるか、
ということが議論されているようだ。
 

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

【LIBOR廃止】QUICK社のTORFとTONAの違い【OISの参照金利指標】 | Quant College

【LIBOR廃止】TORFとTIBORの違い | Quant College

【LIBOR廃止とRFR移行】RFRとOISの違い | Quant College

【LIBOR廃止・IBOR改革・RFR移行】IBORとは? IBORの読み方は? | Quant College