無担保スワップのプライシング

自社の無担保ファンディングの仮定に従い、無担保イールドカーブを生成したら、あとはこれを用いてキャッシュフローの割り引きを行うだけとなる。

ここで、JPYファンディングの邦銀がUSD/JPY通貨スワップを行う場合、以下のようになる。

・JPYサイドは、無担保JPYディスカウントカーブで割り引く。

このカーブは、JPY LIBOR 6Mカーブに自社で仮定したファンディングスプレッドを加えたもの。

・USDサイドは、無担保USDディスカウントカーブで割り引く。

このカーブは、無担保JPYディスカウントカーブと通貨ベーシスから生成したもの。

USD担保USDディスカウントカーブと比べて、通貨ベーシス(の絶対値)の分だけ強い割り引きとなる。

これは、ファンディングしたJPYを元手に、通貨スワップでUSDを調達する際に、通貨ベーシス(の絶対値)の分だけ高い利払いになること、

つまり、自社の無担保USDファンディングレートは、そもそもUSDファンディングからスタートできる外銀に比べ、

通貨ベーシス(の絶対値)の分だけ高くついてしまうことを反映している。

—–