新株予約権、ワラント、ストックオプション、株式コールオプションの違い

こちらもおすすめ

【感想あり】エクイティ(株式)デリバティブを勉強するのにおすすめの本:7冊を難易度順に紹介【書籍レビュー】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ(前編) | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College

新株予約権とワラントの違い

新株予約権とワラントは同じである。新株引受権ともいう。
すなわち、
新株予約権=ワラント=新株引受権
である。どれも同じものを指している。

おそらく
・ワラント、新株引受権:古い言い方
・新株予約権:新しい言い方
である。

新株予約権を発行した会社は、それを付与された投資家が権利行使すると、自社の新株を、あらかじめ決められた行使価格で、投資家に発行する。

新株予約権(ワラント)とストックオプションの違い

新株予約権の一種にストックオプションというものがある。
ストックオプションは発行体の経営者・従業員向けの新株予約権である。
発行体の社内の人間に付与する新株予約権がストックオプション、ということになる。
単に新株予約権と言う場合は、社内の人間に限らず、一般の投資家向けに発行するものを指す。

新株予約権(ワラント)と株式コールオプションの違い

新株予約権(ワラント)は、保有者が権利行使すると、発行体が新株を保有者に発行する。
一方、株式コールオプションは、保有者が権利行使すると、コールオプションの売り手が発行済み株式を保有者に受け渡す(現物決済のオプションの場合)。発行済み株式は、売り手が市場から新たに調達するか、既に保有しているものを受け渡す。

すなわち、新株予約権(ワラント)の場合は、権利行使すると発行済み株式数増えるが、通常の株式コールオプションの場合は発行済み株式数が増えない、という違いがある。

あわせて読みたい

ストックオプションのプライシング(時価評価、価格計算)方法は? | Quant College

非上場株式のストックオプションのプライシング(時価評価、価格計算)と、完全市場の仮定 | Quant College

転換社債 (Convertible Bond; CB) とは?メリット、デメリット、リスクをわかりやすく解説 | Quant College

【新株予約権付社債】ワラント債と転換社債の違い【簡単にわかりやすく解説】 | Quant College

MSワラントとMSCBとMSCBワラント | Quant College

MSワラントとは: 株主が損して証券会社が得する資金調達方法 | Quant College

金融におけるトータルリターンスワップ (Total Return Swap; TRS) とは(株式の場合):仕組み、配当、エクイティスワップ | Quant College

こちらもおすすめ

【感想あり】エクイティ(株式)デリバティブを勉強するのにおすすめの本:7冊を難易度順に紹介【書籍レビュー】 | Quant College

金融工学関連でおすすめの本:まとめ(目次) | Quant College

【初心者向け】LIBOR廃止とRFR移行の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVA入門の体系的まとめ | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ(前編) | Quant College

【初心者向け】CVAモデルの体系的まとめ(後編)をリリースしました。 | Quant College